全身脱毛のススメ。ムダ毛の自己処理のこわいデメリットとは?

全身脱毛のススメ。ムダ毛の自己処理のこわいデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

脱毛の方法

 

ムダ毛処理の方法には大きく分けて2種類の方法があります。ひとつは自分でお手入れをする方法、もう一つはクリニックやサロンなどで行っている脱毛サービスを利用する方法です。自分自身で自宅用の脱毛機器を購入して脱毛する方法もありますが、そちらは自分で処理する方に入ります。

 

ムダ毛の自己処理

ムダ毛処理は、自分でお手入れをするところから始めるのが一般的と思います。クリニックやサロンで脱毛をして貰うにしても、自分での事前のお手入れは必要になります。

 

ムダ毛処理を自分で行う方法の場合、いつでも気軽に「安く」できることが大きなメリットですが、なかなか思うような結果が得にくいのも事実としてあります。

 

毛抜きで抜く

狭い場所のムダ毛処理に毛抜きを使っている人は多いと思います。毛抜きを使う場合、毛を根っこから引き抜いてしまいますので、その部分からはしばらく毛が生えてきません。毛のない状態が比較的長く継続してくれるのがメリットです。

 

一方で、広い部位となると手間が掛かり過ぎて毛抜きでの処理は現実的ではありません。毛抜きの代わりにワックスやテープで一気に広い範囲を抜いてしまう方法もありますが、いずれも、毛穴へのダメージが大きく、毛穴が広がってしまうデメリットがあります。また皮膚の再生過程で毛穴が埋まってしまい、埋没毛の原因となることもあります。

 

カミソリやシェーバーで剃る

カミソリやシェーバーは毛抜きのような毛を抜く痛みもなく、広範囲のムダ毛を短時間で剃ることができます。広いエリアをささっとお手入れできる点がメリットですが、刃を使うため、どうしても肌を痛めがちになります。

 

また皮膚の表面に出ている毛を剃るだけですので、よほどの深剃りでない限り、ゴマ粒のような黒いブツブツができ、ザラザラした感触がどうしても残ってしまいます。仕上がりがいまひとつ良くないのが欠点です。

 

熱線式の器具で焼き切る

シェーバーなどと同じく、皮膚の表面から出ている部分を、熱でカットします。毛をなくしてツルツルにするというよりは、毛をトリミングして、量や見た目を整える目的で使うものです。高温になりますので、やけどに注意が必要です。

 

除毛剤(クリームなど)で処理する

肌に塗ることで毛を溶かして、除毛する方法です。脱毛のように二度と生えてこなくなるような効果はないのですが、使用後はムダ毛が取れてツルツルになります。仕上がりは自己処理の方法の中では格段に良く、お手入れそのものもクリームを塗って拭き取るだけなので、とても簡単です。

 

欠点は、しばらくするとまた毛が生えてくることと、繰り返しクリームを使用すると毛穴が広がってイチゴ肌になることです。

 

家庭用フラッシュ脱毛器で脱毛する

仕上がりや肌へのダメージを考えると脱毛が一番です。ただしお金があまり掛けられなかったり、クリニックやサロン通うのが難しい場合もあります。そういった場合には脱毛サロンなどで利用されているものと同じ方式の家庭用フラッシュ脱毛器を使うのも良い方法です。
基本的な方式はエステサロンと同じなので、きちんと照射できれば、サロンでの脱毛と同等の効果を得ることもできます。

 

家庭用脱毛器ではケノンが最もおすすめできる脱毛器です。非常に人気が高く、ユーザーによる評価もとても高い優れた商品です。

 

仕上がりを考えると脱毛が一番

ムダ毛処理にもいろいろな方法がありますが、肌へのダメージや仕上がりの美しさを考えると、やっぱり脱毛が一番のおすすめです。自己処理に比べればお金も通う手間もかかりますが、仕上がりが段違いですし、毎日お手入れをする負担を考えると長い目で見れば脱毛しておくのが結果的に効率的なのではないでしょうか。

 

脱毛してお手入れ不要の生活をしてしまうと、もう元の生活には戻れません。脱毛は人生を変えるくらいのインパクトがあります。

 

当サイトでは全身脱毛サロンの徹底比較を行って、ランキング形式でおすすめサロンをご紹介しています。
ぜひこちらの記事も御覧ください。
>>おすすめの全身脱毛サロンランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

全身脱毛初心者のためのサロン・クリニック用語集
全身脱毛初心者がサロンやクリニックの全身脱毛料金コースやサービス内容を理解するために知っておきたい脱毛用語をまとめました。
全身脱毛の部位ってどこからどこまで?
全身脱毛の全身ってどこまでを指しているのでしょうか?その範囲って脱毛サロンごとに同じなのか違うのか、気になるところをまとめてみました
全身脱毛の人気部位No.1のワキ脱毛
全身脱毛の部位のなかでも、女性が脱毛したい部位No.1のワキ。ワキ脱毛の方法や脱毛の痛み、効果についてご紹介しています。
全身脱毛の中でも話題のVIO脱毛!痛みや人気の形状をチェック!
全身脱毛の人気部位のひとつVIO脱毛。VIO脱毛の効果や自己処理のリスク、脱毛時の痛み、人気の形、医療脱毛とサロン脱毛の違いなどについて、気になるところをまとめています。
全身脱毛なら顔もOK!彼がキスしたくなるスベ肌を手に入れよう!
全身脱毛でも、含まれていないことも多い顔脱毛。顔は濃いムダ毛が生えにくい場所なのでお手入れが滞りがちの人も多いですが、油断は禁物です。顔の含まれた全身脱毛コースでキスしたくなるスベスベ肌を手に入れませんか?
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗に!
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗になります。自分で見えないからついつい甘く見がちなのが背中のムダ毛。自分でお手入れが難しいので、全身脱毛サロンで処理するのがおすすめです。
全身脱毛するならサロンと医療どっちがおすすめ?
全身脱毛を施術してくれる機関には大別してエステサロンと医療機関(クリニック)があります。医療とサロンの脱毛方式やサービス内容の違いを理解して、自分にあった全身脱毛を選びましょう。
全身脱毛サロンでの脱毛方法を比較!IPL、SSCの違いとは?
全身脱毛サロンで行う代表的な脱毛方法にはIPL方式とSSC方式があります。2つの方式の特徴と、それぞれのメリットとデメリットについて説明します。自分にあった全身脱毛サロン選びにお役立て下さい。
全身脱毛サロンの無料カウンセリングを賢く活用する方法
全身脱毛初心者がまず知っておきたい知識、お役立ち情報をご紹介しています。ほとんどの全身脱毛サロンが実施している無料カウンセリングを賢く活用して、自分にあったサロンを見つけましょう。
全身脱毛サロンのクーリングオフ制度
全身脱毛サロンの契約でもクーリングオフ制度による解約は可能です。ただし、クーリングオフできる契約とできない契約がありますので、しっかり理解しておきましょう。
年代別の人気脱毛部位(20代、30代、40代)
年代(20代、30代、40代)によって脱毛の人気部位は違っています。ライフスタイルや経済状況などが大きな理由ですが、年代によって脱毛への目的意識の違いも影響しているようです。
全身脱毛の安い料金にはウラがある。月額と総額をチェックしよう!
全身脱毛には色々な料金プランがありますが、驚くような月額料金の安いコースもあります。なぜそのような金額で全身脱毛ができるのか、何かウラはないのか調査してみました。
全身脱毛サロンで永久脱毛できるの?
全身脱毛サロンで永久脱毛できる?永久脱毛できるのは医療脱毛だけ?全身脱毛サロンで永久脱毛はできないのでしょうか?その言葉の定義を再確認して、医療とエステの脱毛の実態について説明します。
あなたの全身脱毛の効果が出ないたったひとつの理由
全身脱毛サロンで脱毛を進めていくと、期待していたほど効果がない!とか、なかなか効果が出てくれないとヤキモキしたりすることがあります。その理由を理解すれば、余計な不安や心配に駆られることもなくなりますよ。