全身脱毛の中でも話題のVIO脱毛!痛みや人気の形状をチェック!

全身脱毛の中でも話題のVIO脱毛!痛みや人気の形状をチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

VIO脱毛

 

脱毛サロンで、人気急上昇中のVIO脱毛。女性の87%がお手入れをしているアンダーヘアですが、いまや10代女性でも40%が脱毛サロンでアンダーヘアの脱毛をしています。20代になると58%、30代では66%、40代では70%の女性が脱毛サロンでアンダーヘアのお手入れをしているそうです。

 

生理中や、レジャー・旅行、デートのときにはとくに気になるデリケードゾーン。匂いやムレ、他人の視線も気になってしまいます。

 

人気のVIO脱毛とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

VIO脱毛とは

通称Vライン・Iライン・Oラインと呼ばれるデリケートゾーンに生えているアンダーヘアの脱毛のことをVIO脱毛と呼んでいます。

 

Vライン
ビキニラインとも呼ばれる部位で、下着や水着から、毛がはみ出ないように脱毛します。最近では、Vラインの上部やサイドを脱毛して、自分の好きな形に整えるのが人気になってきています。

 

Iライン
股の間の部分にあるアンダーヘアのことをいいます。Iラインは皮膚が薄いため、痛みを感じる人が多い場所です。自己処理が難しい箇所のため、脱毛サロンで処理をする人が多いようです。

 

Oライン
肛門の周りのアンダーヘアのことを指します。Iラインと同様に自己処理が難しい箇所のため、脱毛サロンで処理をする人が多いようです。

 

VIO脱毛の自己処理リスク

カミソリ、電気シェーバー、毛抜き、クリーム、ワックスなどムダ毛の自己処理の方法はいろいろありますが、いずれも一時的な効果しかなく、仕上がりも満足できる状態にはなりにくいものが多いです。

 

継続的に行うことで肌にダメージが蓄積され、黒ずみや埋没毛の原因になることもありますし、肌が傷つくことにより感染症などのリスクも高まります。

 

VIOゾーンは特に衛生面の課題を抱えやすい場所ですので、十分注意しながら自己処理を行いましょう。

 

VIO脱毛の効果は?どんな良いことがあるの?

VIOに限ったことではありませんが、剃っても抜いても生えてくるムダ毛の処理をストレスに感じる女性は多いです。そのストレスから開放されるのはVIO脱毛を行うメリットのひとつです。

 

ミュゼプラチナムが実施したアンケートでも、アンダーヘア脱毛経験者が脱毛してよかったことの一位は「自己処理ストレスからの解放」を挙げています。

 

自分のアンダーヘアの見た目にコンプレックスに感じている女性は多く、VIO脱毛で形を整えたり、毛の量を少なくすることで、見た目に自信が持てるようになります。おしゃれな水着や下着を着こなせるようになるので、楽しみが増えます。

脱毛サロンやクリニックで脱毛すればVラインはキレイに仕上がり、自分の思うような理想の形に整えてくれます。

 

美容面でもメリットがあります。アンダーヘアは、肌の黒ずみや毛穴の目立ちなども起こりやすい場所ですが、VIO脱毛をすると、毛穴が引き締り、毛穴の目立たないきれいな肌になります。なおフラッシュ脱毛には美白効果もあります。

 

VIO脱毛は衛生面でも効果的

VIO脱毛の中でも、特にIラインやOラインの脱毛を行うと、肌が蒸れにくくなり、汗によるかゆみなどが起こりにくくなります。

 

特に生理中は雑菌が繁殖しやすく、さらに肌トラブルが起きやすくなるものですが、VIO脱毛をすることによって、つねに清潔な状態を保てるようになります。汗やおりもので不快感を感じやすい箇所ですから、少しでも快適に過ごせるように脱毛しておくのがおすすめです。

ハイジニーナ脱毛は、ハイジーン(衛生的)から付けられたものです。美容面よりも衛生面を重くみてIOを無毛にするのがハイジニーナ脱毛です。

 

人気のアンダーヘアの形

Vライン脱毛の人気の形は、逆三角形と無毛のようです。逆三角形は無難な形で人気があり、無毛はその清潔感から人気があるようです。

 

脱毛は一度してしまうと二度と生えてこないものなので、先々のことも考えて後悔しないものを選びたいですね。サロンでは豊富なサンプルを用意してくれますので、ちゃんとイメージを持ちながら選ぶことができます。

「男性ウケがよくなった」と回答した人の中で、一番多い形は「全処理!」(ミュゼプラチナム「イマドキ脱毛女子のアンダーヘア事情」)

 

痛みに弱い人は医療脱毛ではなく、サロン脱毛がおすすめ

他の部位の脱毛と同様に、VIO脱毛にはエステサロンで行うフラッシュ脱毛と医療機関(クリニック)で行う医療レーザー脱毛があります。

 

レーザー脱毛はエステサロンのフラッシュ脱毛に比べて出力が強いため、少ない回数で永久脱毛ができますが、その分痛みも強くなっています。デリケートゾーンの脱毛は痛みを感じる人が多い箇所ですので、VIO脱毛はサロンでのフラッシュ脱毛がおすすめです。

 

また同じフラッシュ脱毛でも、直接毛根を刺激するIPL方式よりも、光に反応するジェルの効果で優しく脱毛ができるSSC方式がVIOには適しています。

 

デリケートゾーンだからこそ「お肌への影響」や「痛みへの不安」は特に気になるもの。肌にやさしく、痛みがほとんどない先進の「S.S.C.方式」を採用した脱毛サロンのほうが安心です。

 

ミュゼプラチナム「SSC方式採用で痛くないハイジニーナ7VIO脱毛」
VIO脱毛

いまなら両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース(脱毛し放題)を無料プレゼント中。※12,000円(税込)以上お支払いの場合のみ対象

 

当サイトでは全身脱毛サロンの徹底比較を行って、ランキング形式でおすすめサロンをご紹介しています。
ぜひこちらの記事も御覧ください。
>>おすすめの全身脱毛サロンランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

全身脱毛初心者のためのサロン・クリニック用語集
全身脱毛初心者がサロンやクリニックの全身脱毛料金コースやサービス内容を理解するために知っておきたい脱毛用語をまとめました。
全身脱毛の部位ってどこからどこまで?
全身脱毛の全身ってどこまでを指しているのでしょうか?その範囲って脱毛サロンごとに同じなのか違うのか、気になるところをまとめてみました
全身脱毛の人気部位No.1のワキ脱毛
全身脱毛の部位のなかでも、女性が脱毛したい部位No.1のワキ。ワキ脱毛の方法や脱毛の痛み、効果についてご紹介しています。
全身脱毛なら顔もOK!彼がキスしたくなるスベ肌を手に入れよう!
全身脱毛でも、含まれていないことも多い顔脱毛。顔は濃いムダ毛が生えにくい場所なのでお手入れが滞りがちの人も多いですが、油断は禁物です。顔の含まれた全身脱毛コースでキスしたくなるスベスベ肌を手に入れませんか?
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗に!
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗になります。自分で見えないからついつい甘く見がちなのが背中のムダ毛。自分でお手入れが難しいので、全身脱毛サロンで処理するのがおすすめです。
全身脱毛のススメ。ムダ毛の自己処理のこわいデメリットとは?
全身脱毛に関心はあるけど、いまは自分でお手入れという人も、ムダ毛の自己処理のメリットやデメリットは要チェック。自分での処理に限界を感じたら全身脱毛も検討しましょう。
全身脱毛するならサロンと医療どっちがおすすめ?
全身脱毛を施術してくれる機関には大別してエステサロンと医療機関(クリニック)があります。医療とサロンの脱毛方式やサービス内容の違いを理解して、自分にあった全身脱毛を選びましょう。
全身脱毛サロンでの脱毛方法を比較!IPL、SSCの違いとは?
全身脱毛サロンで行う代表的な脱毛方法にはIPL方式とSSC方式があります。2つの方式の特徴と、それぞれのメリットとデメリットについて説明します。自分にあった全身脱毛サロン選びにお役立て下さい。
全身脱毛サロンの無料カウンセリングを賢く活用する方法
全身脱毛初心者がまず知っておきたい知識、お役立ち情報をご紹介しています。ほとんどの全身脱毛サロンが実施している無料カウンセリングを賢く活用して、自分にあったサロンを見つけましょう。
全身脱毛サロンのクーリングオフ制度
全身脱毛サロンの契約でもクーリングオフ制度による解約は可能です。ただし、クーリングオフできる契約とできない契約がありますので、しっかり理解しておきましょう。
年代別の人気脱毛部位(20代、30代、40代)
年代(20代、30代、40代)によって脱毛の人気部位は違っています。ライフスタイルや経済状況などが大きな理由ですが、年代によって脱毛への目的意識の違いも影響しているようです。
全身脱毛の安い料金にはウラがある。月額と総額をチェックしよう!
全身脱毛には色々な料金プランがありますが、驚くような月額料金の安いコースもあります。なぜそのような金額で全身脱毛ができるのか、何かウラはないのか調査してみました。
全身脱毛サロンで永久脱毛できるの?
全身脱毛サロンで永久脱毛できる?永久脱毛できるのは医療脱毛だけ?全身脱毛サロンで永久脱毛はできないのでしょうか?その言葉の定義を再確認して、医療とエステの脱毛の実態について説明します。
あなたの全身脱毛の効果が出ないたったひとつの理由
全身脱毛サロンで脱毛を進めていくと、期待していたほど効果がない!とか、なかなか効果が出てくれないとヤキモキしたりすることがあります。その理由を理解すれば、余計な不安や心配に駆られることもなくなりますよ。