全身脱毛の人気部位No.1のワキ脱毛

全身脱毛の人気部位No.1のワキ脱毛

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ワキ脱毛

 

全身脱毛サロンで、お手入れしたい部位No.1のワキ。女性の90%以上が、何らかの方法でお手入れをしている場所と言われています。

 

ワキ脱毛の自己処理リスク

ワキのムダ毛を自分で処理したことがある方は多いと思いますが、お手軽にできる反面、自己処理では肌にダメージ残ったり、色素沈着を起こしたり、毛穴が広がり、汚くなるなどの問題があるのが欠点です。

 

例えば、カミソリ。ワキはとても肌が柔らく、皮膚が薄いため、カミソリを当てても波打ってしまい、うまく剃ることが非常に難しい箇所です。剃り残しが気になってしまうこともあります。お手入れの頻度も高いので、繰り返しお手入れをしているうちに肌への刺激が蓄積され、色素沈着をおこしてしまいます。刃で、皮膚を傷つけてしまい、炎症を起こすことも珍しくありません。

 

除毛クリームや脱毛クリームなどを使用する人もいますが、ワキのように肌が柔らかく薄い部位では、肌への負担が大きすぎるため、繰り返しお手入れをするうちに、黒ずみや埋没毛が発生してしまいます。

 

ワキ脱毛の主流、フラッシュ脱毛

当サイトでおすすめしている全身脱毛サロンも含めて、ほとんどの脱毛サロンで採用されている脱毛手法がフラッシュ(光)脱毛です。フラッシュ脱毛が登場する以前は、料金が高額で痛みが強い医療レーザーやニードル(電気針)を利用した脱毛が主流でしたがフラッシュ脱毛の登場で状況が大きく変わりました。

 

フラッシュ脱毛には大きく2つの方式があり、IPL方式とSSC方式と呼ばれています。

 

IPL方式は「インテンス・パルス・ライト」の頭文字を取ったもので、キレイモや銀座カラーなどが採用しています。医療レーザーと同様の仕組みで、黒いもの(メラニン色素)だけに反応する光を照射し、毛根に直接ダメージを与える脱毛方式です。医療レーザーの出力を少し弱くしたものと言えますね。そのため脱毛効果は強力です。

 

IPL脱毛に使用される機器は、もともとシミ、ソバカスなどのフォトフェイシャル治療用として開発されたものなので高い美肌効果があります。

 

美肌効果も高いIPL方式を採用!今なら初月0円!
キレイモ キャンペーン

 

SSC方式は「スムース・スキン・コントロール」の略称で、脱毛ラボやミュゼプラチナムが採用しています。光に反応するSSC脱毛専用ジェルを使用し、光とジェルの組み合わせで脱毛効果を生み出す方式です。光がダイレクトに肌にダメージを与えないため、痛みが弱く優しい脱毛方式と言われます。また毛周期に依存せずに脱毛できるのも特徴になっています。

 

いずれの方式でも脱毛効果自体は大きく違いはありませんが、一般に仕上がりが綺麗なIPL方式、敏感なVIO脱毛でも痛くない優しいSSC方式と言われます。

 

痛くないSSC方式を採用!今なら10ヶ月分無料です!
脱毛ラボ キャンペーン

 

「痛くて高額」だった脱毛が、「痛みが少なくて低価格」で脱毛ができるようになりました。一部の富裕層向けのサービスだった脱毛が一般層に開かれるきっかけとなったのがフラッシュ脱毛です。

 

ワキは全身脱毛の中でも痛みが強い箇所の一つですが、フラッシュ脱毛のおかげで、軽い痛みが我慢すれば脱毛できるようになりました。

 

ワキ脱毛の痛みは?

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛に比較すれば格段に痛みが少ないですが、一般的にワキの脱毛はからだのパーツの中で痛い部類に入ります。ワキの脱毛が痛みを感じやすいのは、肌が薄く、脂肪や筋肉の層がほとんどない上に、毛が濃く太いためです。

 

そうはいっても、フラッシュ脱毛の場合、その痛みは瞬間的なもので、光を照射した瞬間に「輪ゴムでパチンと弾かれた」ような痛みがするだけです。毛抜きで処理するほうがよっぽど痛いと感じます。

 

ワキ脱毛の効果は?必要な回数は?

脱毛サロンに通ってみたいけど、どのくらいの回数で効果がでるのか疑問に思う人も多いと思います。毎回目に見える効果があればドンドン通うモチベーションが湧いてきますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

効果の出方、感じ方は個人差がありますので、一概に何回でどうなるとは誰も言えないと思いますが、ワキ脱毛の場合、一回目の脱毛でも効果を感じる人が結構います。たった一回の照射でも、照射後2-3週間後に、ワキの毛がスルッと抜けるようになる人もいます。

 

元々自己処理歴が長く、色素沈着が合ったりする場合は、効果が出るのは遅い場合もあります。肌の色がもともと白い人とやや褐色系の人でも効果の出方は違います。そのためどうしても個人差が出ては来るのですが、12回前後の脱毛で、手入れ不要の状態になるのが平均と言われています。

 

このあたりを一つの目安として、全身脱毛の進め方を計画されると良いと思います。

 

ワキとVが通い放題!
ミュゼプラチナム ワキ脱毛 キャンペーン

 

当サイトでは全身脱毛サロンの徹底比較を行って、ランキング形式でおすすめサロンをご紹介しています。
ぜひこちらの記事も御覧ください。
>>おすすめの全身脱毛サロンランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

全身脱毛初心者のためのサロン・クリニック用語集
全身脱毛初心者がサロンやクリニックの全身脱毛料金コースやサービス内容を理解するために知っておきたい脱毛用語をまとめました。
全身脱毛の部位ってどこからどこまで?
全身脱毛の全身ってどこまでを指しているのでしょうか?その範囲って脱毛サロンごとに同じなのか違うのか、気になるところをまとめてみました
全身脱毛の中でも話題のVIO脱毛!痛みや人気の形状をチェック!
全身脱毛の人気部位のひとつVIO脱毛。VIO脱毛の効果や自己処理のリスク、脱毛時の痛み、人気の形、医療脱毛とサロン脱毛の違いなどについて、気になるところをまとめています。
全身脱毛なら顔もOK!彼がキスしたくなるスベ肌を手に入れよう!
全身脱毛でも、含まれていないことも多い顔脱毛。顔は濃いムダ毛が生えにくい場所なのでお手入れが滞りがちの人も多いですが、油断は禁物です。顔の含まれた全身脱毛コースでキスしたくなるスベスベ肌を手に入れませんか?
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗に!
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗になります。自分で見えないからついつい甘く見がちなのが背中のムダ毛。自分でお手入れが難しいので、全身脱毛サロンで処理するのがおすすめです。
全身脱毛のススメ。ムダ毛の自己処理のこわいデメリットとは?
全身脱毛に関心はあるけど、いまは自分でお手入れという人も、ムダ毛の自己処理のメリットやデメリットは要チェック。自分での処理に限界を感じたら全身脱毛も検討しましょう。
全身脱毛するならサロンと医療どっちがおすすめ?
全身脱毛を施術してくれる機関には大別してエステサロンと医療機関(クリニック)があります。医療とサロンの脱毛方式やサービス内容の違いを理解して、自分にあった全身脱毛を選びましょう。
全身脱毛サロンでの脱毛方法を比較!IPL、SSCの違いとは?
全身脱毛サロンで行う代表的な脱毛方法にはIPL方式とSSC方式があります。2つの方式の特徴と、それぞれのメリットとデメリットについて説明します。自分にあった全身脱毛サロン選びにお役立て下さい。
全身脱毛サロンの無料カウンセリングを賢く活用する方法
全身脱毛初心者がまず知っておきたい知識、お役立ち情報をご紹介しています。ほとんどの全身脱毛サロンが実施している無料カウンセリングを賢く活用して、自分にあったサロンを見つけましょう。
全身脱毛サロンのクーリングオフ制度
全身脱毛サロンの契約でもクーリングオフ制度による解約は可能です。ただし、クーリングオフできる契約とできない契約がありますので、しっかり理解しておきましょう。
年代別の人気脱毛部位(20代、30代、40代)
年代(20代、30代、40代)によって脱毛の人気部位は違っています。ライフスタイルや経済状況などが大きな理由ですが、年代によって脱毛への目的意識の違いも影響しているようです。
全身脱毛の安い料金にはウラがある。月額と総額をチェックしよう!
全身脱毛には色々な料金プランがありますが、驚くような月額料金の安いコースもあります。なぜそのような金額で全身脱毛ができるのか、何かウラはないのか調査してみました。
全身脱毛サロンで永久脱毛できるの?
全身脱毛サロンで永久脱毛できる?永久脱毛できるのは医療脱毛だけ?全身脱毛サロンで永久脱毛はできないのでしょうか?その言葉の定義を再確認して、医療とエステの脱毛の実態について説明します。
あなたの全身脱毛の効果が出ないたったひとつの理由
全身脱毛サロンで脱毛を進めていくと、期待していたほど効果がない!とか、なかなか効果が出てくれないとヤキモキしたりすることがあります。その理由を理解すれば、余計な不安や心配に駆られることもなくなりますよ。