全身脱毛の部位ってどこからどこまで?

全身脱毛の全身はどこからどこまでなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

全身脱毛

 

全身脱毛コースを提供している脱毛サロンはたくさんありますが、一体この全身脱毛が指している「全身」とはどこからどこまでを指しているのでしょうか?

 

実際、サロンによって全身55部位とか33部位とか、いろいろ呼び名がついていますが、サロンごとに部位の定義が違いますので、数字が大きいから脱毛する範囲が広いとは一概には言えません。

 

論より証拠ということで、全身脱毛専門サロンのキレイモを例に挙げて見ていきたいと思います。

 

キレイモの全身脱毛33箇所

キレイモの全身脱毛コースは33箇所を対象としています。

 

1. 鼻
2. 鼻下
3. あご
4. あご下
5. おでこ
6. もみあげ
7. 両ほほ

 

顔脱毛もしっかり含まれているのがキレイモの全身脱毛の嬉しいポイント。顔の脱毛は、シミなどに効果のあるフォトフェイシャルに変更が可能になっています。顔の脱毛は要らないとか、完了しているという人は、フォトフェイシャルで美肌を目指す人もいます。

 

上半身

8. 両ワキ
9. 胸
10. 乳輪周り
11. お腹
12. おへそ
13. 手の甲
14. 手の指
15. うなじ
16. 肩
17. 背中(上)
18. 背中(下)
19. ひじ
20. 両ひじ(上)
21. 両ひじ(下)

 

下半身

22. Vライン(上)→おへその少ししたあたり
23. Vライン
24. Vライン(サイド)→Vラインの少し外側
25. Iライン
26. Oライン
27. ヒップ
28. 腰
29. 両ひざ
30. 両ひざ(上)→ももの表と裏
31. 両ひざ(下)→すねとふくらはぎ
32. 足の甲
33. 足の指

 

という感じで、書き出すのも大変なくらいたくさんの部位がありますが、一般にムダ毛のお手入れが必要な箇所は全て網羅されています。

 

キレイモでは月額制のコースの場合、月に一回の施術で上半身か下半身のいずれかを脱毛し、次の月に残りの半身を脱毛します。2ヶ月で全身を脱毛することになります。

 

回数パックのコースでは月一回の施術で全身を済ましてしまいますので、サロンに通う頻度が月額制の半分で済みます。

 

今なら全身脱毛初月33箇所が初回無料!
キレイモ キャンペーン

 

脱毛ラボの全身48箇所とは?

脱毛ラボでは全身脱毛の対象箇所を48箇所に分けています。単純に数字だけを比較すれば脱毛ラボのほうが、キレイモよりもたくさん脱毛してくれるのかもと思ってしまうかもしれませんが、これは定義の違いが原因です。

 

脱毛ラボでは、「もみあげ」を「もみあげ右」「もみあげ左」と分けたり、「ひざ」を「ひざ表」「ひざ裏」などと分けたりしてカウントしていますので、数字が大きくなっています。

 

実際、脱毛ラボとキレイモでは、上半身、下半身の範囲に差はありません。違いは顔にあります。

 

脱毛ラボの顔脱毛の対象箇所は、

 

1. 鼻下
2. もみあげ右
3. もみあげ左
4. あご上
5. あご下

 

となっていて、キレイモのコースに含まれている「鼻」「おでこ」「両ほほ」が脱毛ラボでは対象になっていません。施術上の安全性を考慮して対象外としているそうですが、「全身脱毛で顔脱毛も含みます」と言ってもよく見ると脱毛箇所に違いがありますので、注意したいですね。

 

いまなら9ヶ月無料体験!
脱毛ラボ キャンペーン

 

 

当サイトではキレイモを一番のおすすめにしていますが、こうした見過ごしがちな細かい部分(言い換えれば、ごまかそうと思えばそれもできちゃう部分)までしっかりと行き届いていて、なおかつ料金はリーズナブルというところがキレイモの人気の理由のひとつだと思います。

 

銀座カラーの全身22カ所脱毛し放題の対象部位

銀座カラーの全身脱毛コースは、全身22箇所の脱毛がし放題となっています。銀座カラーの全身脱毛コースには「顔脱毛」が含まれていないため、キレイモよりも少ない22箇所という表記になっています。では実際を見てみましょう。

 

銀座カラー 全身22箇所

 

顔を除いた上半身と下半身で比較すると、銀座カラーの対象部位は、キレイモと脱毛ラボとまったく同じです。銀座カラーの場合は、この全身22箇所脱毛し放題に、顔脱毛をつけるかつけないかを選択できる点が特色になっています。

 

今ならキャンペーンで、脱毛し放題なのに、キレイモや脱毛ラボの全身12回より安い料金になっています。

 

小学生の時から自分が毛深いということはわかっていたのですが、中学高校と友達の肌を見る度にどんどんコンプレックスに。大学に入り少しずつ脱毛しようと思い、全身一気に始めた方が通う期間もお金もおトクだったので、銀座カラーの全身脱毛コースに申し込みました!脱毛に関する知識はまったくなかったけど、カウンセリング時にスタッフさんから自己処理を続けることによる肌のダメージについてや、銀座カラーの技術の良さについて説明してもらい、信頼して始められました。毛が太いと過敏に反応して痛いと聞いたことがありましたが、思ったよりも痛みが少なくすぐに慣れました。ずーーーっと、剛毛と付き合ってきたので、ガラッと変わった全身がスッキリしすぎて嬉しくなりました。新しい自分を感じながら、やる気がすごくみなぎるようになりました☆(20代 学生)

 

銀座カラー 先着330名様限定!!全ての脱毛コースが33%OFF
銀座カラー

 

当サイトでは全身脱毛サロンの徹底比較を行って、ランキング形式でおすすめサロンをご紹介しています。
ぜひこちらの記事も御覧ください。
>>おすすめの全身脱毛サロンランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

全身脱毛初心者のためのサロン・クリニック用語集
全身脱毛初心者がサロンやクリニックの全身脱毛料金コースやサービス内容を理解するために知っておきたい脱毛用語をまとめました。
全身脱毛の人気部位No.1のワキ脱毛
全身脱毛の部位のなかでも、女性が脱毛したい部位No.1のワキ。ワキ脱毛の方法や脱毛の痛み、効果についてご紹介しています。
全身脱毛の中でも話題のVIO脱毛!痛みや人気の形状をチェック!
全身脱毛の人気部位のひとつVIO脱毛。VIO脱毛の効果や自己処理のリスク、脱毛時の痛み、人気の形、医療脱毛とサロン脱毛の違いなどについて、気になるところをまとめています。
全身脱毛なら顔もOK!彼がキスしたくなるスベ肌を手に入れよう!
全身脱毛でも、含まれていないことも多い顔脱毛。顔は濃いムダ毛が生えにくい場所なのでお手入れが滞りがちの人も多いですが、油断は禁物です。顔の含まれた全身脱毛コースでキスしたくなるスベスベ肌を手に入れませんか?
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗に!
全身脱毛なら、思いのほか見られている背中も綺麗になります。自分で見えないからついつい甘く見がちなのが背中のムダ毛。自分でお手入れが難しいので、全身脱毛サロンで処理するのがおすすめです。
全身脱毛のススメ。ムダ毛の自己処理のこわいデメリットとは?
全身脱毛に関心はあるけど、いまは自分でお手入れという人も、ムダ毛の自己処理のメリットやデメリットは要チェック。自分での処理に限界を感じたら全身脱毛も検討しましょう。
全身脱毛するならサロンと医療どっちがおすすめ?
全身脱毛を施術してくれる機関には大別してエステサロンと医療機関(クリニック)があります。医療とサロンの脱毛方式やサービス内容の違いを理解して、自分にあった全身脱毛を選びましょう。
全身脱毛サロンでの脱毛方法を比較!IPL、SSCの違いとは?
全身脱毛サロンで行う代表的な脱毛方法にはIPL方式とSSC方式があります。2つの方式の特徴と、それぞれのメリットとデメリットについて説明します。自分にあった全身脱毛サロン選びにお役立て下さい。
全身脱毛サロンの無料カウンセリングを賢く活用する方法
全身脱毛初心者がまず知っておきたい知識、お役立ち情報をご紹介しています。ほとんどの全身脱毛サロンが実施している無料カウンセリングを賢く活用して、自分にあったサロンを見つけましょう。
全身脱毛サロンのクーリングオフ制度
全身脱毛サロンの契約でもクーリングオフ制度による解約は可能です。ただし、クーリングオフできる契約とできない契約がありますので、しっかり理解しておきましょう。
年代別の人気脱毛部位(20代、30代、40代)
年代(20代、30代、40代)によって脱毛の人気部位は違っています。ライフスタイルや経済状況などが大きな理由ですが、年代によって脱毛への目的意識の違いも影響しているようです。
全身脱毛の安い料金にはウラがある。月額と総額をチェックしよう!
全身脱毛には色々な料金プランがありますが、驚くような月額料金の安いコースもあります。なぜそのような金額で全身脱毛ができるのか、何かウラはないのか調査してみました。
全身脱毛サロンで永久脱毛できるの?
全身脱毛サロンで永久脱毛できる?永久脱毛できるのは医療脱毛だけ?全身脱毛サロンで永久脱毛はできないのでしょうか?その言葉の定義を再確認して、医療とエステの脱毛の実態について説明します。
あなたの全身脱毛の効果が出ないたったひとつの理由
全身脱毛サロンで脱毛を進めていくと、期待していたほど効果がない!とか、なかなか効果が出てくれないとヤキモキしたりすることがあります。その理由を理解すれば、余計な不安や心配に駆られることもなくなりますよ。