クリニックで医療全身脱毛

痛くない医療脱毛を実現する蓄熱式脱毛器メディオスターNEXTPro

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メディオスターNEXT Pro
クリニックでの医療脱毛は、「医療」であることの安心感や、レーザー脱毛器の高い脱毛効果で指示を集めています。ただエステサロンに比べると料金が高額であったり、高い出力のため痛みが強いと言った点が懸念で、クリニックでの脱毛を見送った人も多いと思います。今回取りあげる最新のレーザー脱毛器は、この痛みの問題を大きく進歩させて話題となっています。今回は、その特徴やこれまでのレーザー脱毛器との違いについてまとめてみたいと思います。

 

痛みを軽減する蓄熱式脱毛

メディオスターNEXT Proが採用しているのは、蓄熱式脱毛と呼ばれる脱毛のアプローチです。従来のレーザー脱毛では、発する光の波長などに違いはあるにしても、毛根細胞をレーザーの熱で破壊して、毛を再生できない状態にするというアプローチで脱毛を実現しています。レーザーを照射すると瞬間的に毛根に熱が発生するために、ピリッとした痛みを感じます。またレーザーの出力が高いため、毛根近くの肌が火傷を負うといったトラブルも発生するリスクがありました。

 

蓄熱式脱毛では、ターゲットは毛根細胞ではなく、毛根よりももっと肌の浅いところにある「バルジ」と呼ばれる領域をターゲットにしています。バルジ領域は、毛根に毛の再生指示や栄養補給を司るとされる部分で、その機能を壊すことで毛の再生を防ごうとするのが、蓄熱式の考え方になります。ターゲットがバルジ領域になることから、バルジ式と呼ばれることもあります。

 

蓄熱式では、一気に強いレーザーを当てるのではなく、弱いレーザーを断続的にあてて熱を蓄積し、その溜まった熱でバルジ領域を破壊します。照射するレーザーの出力を弱めに設定できるため、これまでのレーザー脱毛に較べて格段に痛みが軽減できるようになっています。

 

いままでのレーザー脱毛では、輪ゴムを弾いたような痛みと表現されることが多いですが、蓄熱式(バルジ式)では、肌全体がじんわりと暖かくなっていという感じです。レーザーの出力が抑えられるため、ヤケドなどの肌トラブルの発生も格段に減らせるようになります。

 

蓄熱式なら、うぶ毛も色黒も大丈夫!

従来のレーザー脱毛は、レーザー光が黒いものに集まる性質を利用して脱毛を行っていました。そのため、脱毛する毛が黒いことが前提であり、うぶ毛などの色の薄い毛は脱毛しにくいとされてきました。また日焼けや色素沈着などで毛の色が目立ちにくい状態の肌の場合も効果が出にくく、状態によっては施術を断られるケースもあったくらいです。

 

蓄熱式は毛根をターゲットにせず、バルジ領域を対象にした脱毛方式です。そのため、毛の色や肌の色に影響を受けないという特徴を持っています。毛の色や肌の色に左右されずに、肌に熱を蓄えることでバルジ領域を破壊しますので、これまでのレーザー脱毛が苦手とした、うぶ毛、日焼けした肌、色素沈着した部位なども関係なく対応できるようになりました。

 

蓄熱式は、毛周期に左右されないスピード脱毛を実現

従来の脱毛では、クリニックの医療脱毛であれエステサロンでのフラッシュ脱毛であれ、毛周期という体毛の生え変わりサイクルの影響を受けてきました。レーザーでもフラッシュでも毛根をターゲットにしますが、効果を与えられるのは成長期にある毛根のみで、休眠期や退行期にある毛には影響を与えることができません。そのため、毛周期のサイクルを念頭に置いて、数ヶ月間を空けて繰り返し施術を行うのが一般的です。あまり頻繁にレーザーやフラッシュを照射しても意味がないので、これは当然の措置と言えます。

 

一方、蓄熱式の場合はターゲットは毛根ではなく、バルジ領域です。バルジは毛周期とは関係なく、常に存在している組織なので、一度のレーザー照射で対象部位のすべてのバルジに影響を与えることができます。このため蓄熱式では、照射した分だけ効果を得ることができるようになり、毛周期に依存しない短期間でのスピード脱毛が実現しています。一般に成長期にある毛は全体の30%程度と言われていますから、蓄熱式であれば、従来の3分の一程度の短い期間で脱毛を完了させることができるようになります。

 

これまでのレーザー脱毛の問題を解決したメディオスターNEXT Pro

このように蓄熱式脱毛は、これまでのレーザー脱毛の課題であった、痛み、うぶ毛や肌色の問題を解消しました。さらに毛周期の影響を受けなくなったことで、従来より短期間で脱毛が完了するスピード脱毛を実現できます。

 

この蓄熱式脱毛を採用した機器で最新最強と言われるのがアスクレピオン社の「メディオスターNEXT Pro」です。実際にメディオスターを使用して脱毛施術を行っている様子を撮影した動画がありますので御覧ください。

 

 

照射口の大きいハンドピースを滑らせるようにしてレーザーを照射している様子がわかると思います。このように流れるように施術ができるため施術時掛かる時間も従来に比べて短くできるようになっています。

 

痛くない医療全身脱毛ならメディオスター導入の「リゼクリニック」

大きなメリットが数多くあるメディオスターを導入するクリニックは増えてきていますが、多店舗展開をして通いやすい女性向けクリニックとなると、実際あまり多くありません。その中でおすすめしたいのが「リゼクリニック」です。

 

医療脱毛を扱うクリニックでは珍しく15店舗を展開しています。リゼクリニックをおすすめするポイントは、メディオスターを含む3種類のレーザー脱毛器を駆使している点。毛質・肌質に合わせて最適なものを利用することで、高い効果、安全性、痛みを軽減を実現しているのが他のクリニックと大きく違うところです。

  • 多くのクリニックで採用され、リゼクリニックでも1万4千件もの症例を持ち、世界ナンバーワンのシェアを持つ「ライト・シェア・デュエット」
  • 最先端の蓄熱式脱毛によりほとんど痛みのない脱毛を実現した「メディオスターNEXT Pro」
  • 色素沈着のある部位や、濃く根深い毛にも高い効果を発揮するヤグレーザーを搭載した「ジェントルYAG」

これだけの機器を活用しながら、クリニックならではの手厚いサポートも充実しています。

予約のキャンセル料 無料
肌トラブル時の薬の処方 無料
肌トラブル時の追加照射 無料
シェービング 無料

気になる料金コースはこのようになっています。

主なコース 料金(税別)
全身脱毛5回(顔・VIO除く) 299,000円
全身脱毛5回(全身+顔 or VIO) 359,000円
全身脱毛5回(全身+VIO+顔) 397,000円

 

まずは医師による無料カウンセリングから。クリニック(医療機関)なので勧誘はありません。
リゼクリニック

 

当サイトでは全身脱毛サロンの徹底比較を行って、ランキング形式でおすすめサロンをご紹介しています。
ぜひこちらの記事も御覧ください。
>>おすすめの全身脱毛サロンランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

リゼクリニックの最新脱毛器で叶う痛くない医療脱毛の秘密
リゼクリニックは最新脱毛器を導入して、医療なのに痛くない脱毛を実現しています。どうやって痛みの少ない施術ができるようになったのか?その新しい脱毛法の秘密に迫ります。リゼクリニックの料金コースの詳細情報もまとめています。